あおい空勁気功教室

本物の気功を身につけて、毎日を元気に笑顔で過ごしませんか。

なんじゃこりゃ!?と感じた一冊「整体入門」著者・野口晴哉

f:id:genkidonene3:20220316144140j:plain

皆さんこんにちは。今日は若い頃に、、
「なんじゃこりゃ!?」
とハマってしまい、空勁気功を勉強するきっかけの一つになった一冊の本をご紹介します。
 

この本「整体入門」著者・野口晴哉は、、

・体の自発的な運動で体の偏りを正す「活元運動」

・生まれながら人間がもつ体癖の研究

・体の本能的な力を使った「愉気法」

など野口整体の魅力を惜しみなく凝縮している一冊です。
何よりも野口先生の体験談や、その語り口調が面白くてずっと読んでしまいます。
 
はじめてこの本を読んだときは感動のあまり、、
「これは読むひとによっては、10万円以上の価値があると思うから!」
と、当時いっしょに青空道場に集まって空手を稽古していたメンバー全員に、一冊ずつこの本をプレゼントしました。合計すると20冊くらい買ったのかな。。
今の時代だと、親切の押し売りで嫌われちゃいますね(笑)
 
あとで知ったのですが、野口先生のこの整体の思想や技術は、音楽家坂本龍一さん、武術家の甲野善紀さん、精神科医名越康文さんなど多方面の達人に影響を与えているんだそうです。
どうですか?少し興味が湧いてきませんか(笑)
表紙はちょっと地味ですが、中身は間違いないオススメの一冊です。
 
 
第1章 「気」による体力発揮
第2章 愉気及び愉気
第3章 外路系の訓練
第4章 体癖さまざま
第5章 整体体操と体癖修正
第6章 体癖と生活
 

野口先生の奥様から見た、先生との生活記録「回想の野口晴哉」も面白かったな~。

奥様は当時の内閣総理大臣近衞文麿さんの長女、野口昭子さんです。

まだ戦時中で、総理大臣の近衞文麿さんから日本軍の医療部門を、ぜひ野口先生に任せたいと話があったそうです。しかし先生は、それを境に突如姿を眩ませます。

「日本軍を治しても、今度は相手をやっつけにいくのだ。整体はそんなことのために使うものではない。」

ということで、どうしてもそれが許せなかったようです。

っていうか、そもそも整体の先生が日本軍の軍医って…なんともすごい話ですよね。

 
今日からまた気持ちを新たにして、野口先生の提唱する
「全生(活き活きと生を全うする)」
…を胸に刻んで生きていきたいと思います!
押忍!!
 
それではまた。
最後までご覧いただき有難うございます!